« 京都で御朱印をいただく その18 | トップページ | 京都でお茶をいただく その16 »

2005/09/06

京都で聖獣を見つける その9

284

空海(弘法大師)は高野山を自らの修禅の場とし、そこで得た智慧を東寺(教王護国寺)で実践し、「身は高野、心は東寺におさめおく」という言葉を残しました。
弘法大師の住房である西院(大師堂)境内には尊勝陀羅尼を乗せた亀さんがいます。天神さん(北野天満宮)からやってきたこの亀さんは頭をさすった手で自分の身体の悪いところをさすると治してくれるという言い伝えがあるのだそうです。思わず頭をなでてしまいました。

|

« 京都で御朱印をいただく その18 | トップページ | 京都でお茶をいただく その16 »

コメント

はじめまして。遅くなりましたが『故郷の香り』でTB有難うございました。

この亀さんの写真でなんだろうなぁと思っていた謎がひとつ解けました。
おぉ~という感じです。

投稿: kotori-tobu | 2005/09/09 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/5724091

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で聖獣を見つける その9:

« 京都で御朱印をいただく その18 | トップページ | 京都でお茶をいただく その16 »