« 峨嵋白芽茶 | トップページ | 菊花 »

2005/09/13

『詩人の大冒険』(唐伯虎默秋香)

323

『詩人の大冒険』は明朝時代の才人唐寅(1470~1523)をモデルに、彼の詩や絵画を描く才能と8人の愛妾がいたという破天荒なところを周星馳(チャウ・シンチー)的に仕上げたものですが、実在した人たち(唐伯虎を含む江南四大才人など)も登場する歴史的にはちょっと為になる?映画です。8人の愛妾がいても愛を知らず真実の愛を求める唐伯虎が一目惚れした相手秋香を鞏俐(コン・リー)が演じているのにはちょっと驚きました。コメディーに彼女が出ているのを見たのは初めてです。たまたま見かけたビデオのワゴンセールでたった500円だったのに、すごく笑えたのでとっても得した気分になりました。

|

« 峨嵋白芽茶 | トップページ | 菊花 »

コメント

はじめまして。わたしもこの映画、大好きです!
コン・リーが真面目な顔してギャグ言っているのが、すごく新鮮でおかしいんですよね。
周星馳の古典物は「広州殺人事件」(白面包青天)などもツタヤで借りて見ましたが、良かったです!
それにしても500円でゲットできたなんて、いいですね。
うらやましい~。

投稿: ルチア | 2005/09/14 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『詩人の大冒険』(唐伯虎默秋香):

« 峨嵋白芽茶 | トップページ | 菊花 »