« 観月茶会 香道編 | トップページ | 観月茶会 茶芸編 »

2005/09/19

観月茶会 茶道編

333334

今回の観月茶会では和室と屋外、2つの場所でそれぞれ異なった趣きでお抹茶をいただきました。
畳の上で背筋を伸ばし正座をしているのは、足のしびれが気になるし緊張しっぱなしで苦手です。出てくるお菓子が唯一の楽しみかもしれません。和室で頂いた茶菓子は、満月のように丸いお饅頭に秋の風情をあらわすススキの焼鏝がおされていました。これが餡がさっぱりしていて美味しかったです!お饅頭に集中していたあいだは緊張を忘れました。
これはどちらのなんという和菓子ですか?忘れずにお家元に聞かねばと思っていたのですが、忘れて帰ってきてしまいました。残念。

|

« 観月茶会 香道編 | トップページ | 観月茶会 茶芸編 »

コメント

このお菓子、薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう) ですかも。

と突然お邪魔してすみません〜。

投稿: 風順 | 2005/09/21 23:50

和室でのお茶というのは?
私はお庭で一度頂いただけでしたが、私が到着する前に一度室内で頂いたのですか?

投稿: 忍豚 | 2005/09/20 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/6023373

この記事へのトラックバック一覧です: 観月茶会 茶道編:

» もし、外国人とお茶席に招かれたら?2 [ニッポンを英語で説明できますか?]
外国人に日本文化を紹介しようとしたとき、どこ行きたい?ってきくと茶道はなかなかの人気です。しかし、なさけないことに日本人の私がなかなか茶道を説明できないんですよね。「なぜ茶碗を3回まわすのか?」って聞かれたときとかなんてこたえてよいのかわかりませんでした...... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 21:05

« 観月茶会 香道編 | トップページ | 観月茶会 茶芸編 »