« トゥーランドット その2 | トップページ | 京都で御朱印をいただく その14 »

2005/08/14

中元節

309

旧暦の7月(現在の8月頃)は鬼月で、7月1日には鬼門が開き、餓鬼が施食を受けるために現世にやってきます。施食というのは飢餓に苦しんで災いをなす鬼や行くところのない亡霊に飲食を施すことを言います。
旧暦7月15日、道教では地官大帝が罪を許してくれる日であり、仏教では盂蘭盆節です。
7月31日または8月1日に鬼門が閉じるまで、この時期鬼をなぐさめるためのさまざまな祭行事が行われます。

|

« トゥーランドット その2 | トップページ | 京都で御朱印をいただく その14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/5368158

この記事へのトラックバック一覧です: 中元節:

« トゥーランドット その2 | トップページ | 京都で御朱印をいただく その14 »