« 京都でお茶をいただく その11 | トップページ | 京都で御朱印をいただく その13 »

2005/08/03

『マジック・キッチン』(魔幻厨房)

273

7月から恵比寿にある東京写真美術館内で『F4 Film Collection 2005』が行われています。先月先陣をきって上映されたのがジェリー・イェン(言承旭)が、香港のスターアンディ・ラウ(劉徳華)、サミー・チェン(鄭秀文)と共演した『マジック・キッチン』(魔幻厨房)です。
プライベートレストラン(私房菜館)を経営する女性シェフの仕事と恋愛がコメディタッチで描かれた作品ですが、アンディ・ラウとサミー・チェンのこんなふうな共演はなんだか『Needing You』の続きを見ているような感じでした。F4のメンバーが出演している映画としては、この作品が初めてです。記念すべき第一作ということになりますね。

|

« 京都でお茶をいただく その11 | トップページ | 京都で御朱印をいただく その13 »

コメント

はじめまして!TBありがとうございました!!
(お礼遅れてすいません)
かなり豪華キャストが出しすぎてそれを生かしきれて
ないとか色々前評判を聞いていましたが、結構おもしろ
かったです(^^)

投稿: aijyan | 2005/08/10 02:49

こんにちは・・・はじめましてTBありがとうございました。おとといはケン・チュウの映画を見に行きました。
すっかり御礼が遅くなりました。
これから、ゆっくりこちらのページを拝見します。m(--)m

投稿: migimaki | 2005/08/05 18:33

こんにちは!お久しぶりです。
実はこの映画、最初の日本の料理バトル
の場面に、私の知り合いがエキストラで
ホントにちょこっとですが出演しております(笑)
当時は香港で生活していたものですから。一瞬ですけどね、笑えました(^^)

投稿: yumi | 2005/08/04 11:38

はじめまして。トラックバックありがとうございます。
「マジックキッチン」は日本語字幕で見てようやくおもしろさがわかった次第です。香港映画を中心にアジアの映画はよく見てるのですが、最近はあちこちのドラマにまで手を広げてしまい、大変なことになってます。

投稿: まぎー | 2005/08/04 02:03

TBありがとうございました。
香港映画は10年来好きなのですが、レスリー・チャンが逝ってしまってから、観る本数が減っていたので、久々の香港映画でした。
私の場合今回見に行くきっかけになったのはF4の言承旭が出ているからだったのですが…(苦笑)
こんな風に香港、台湾、そして日本も含めてアジア全体が、ひとつになって映画を撮る機会がどんどん増えていけばいいと思います。

投稿: | 2005/08/03 23:30

こんにちは。はじめまして。
トラックバックありがとうございます!
私も『ニーディング・ユー』は大好きなので、
DVDで見たときには、ついついサミーやアンディにばかり目がいってしまいました。この作品も、F4ファンにまじってスクリーンで鑑賞しようかと予定しているところです。

投稿: あんく | 2005/08/03 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『マジック・キッチン』(魔幻厨房):

» 華流カフェ [笑容]
  行っちゃった、華流カフェ   中国西安でお世話になったおねーちゃんと、神戸で久々の再会を果たした今日。  お昼ごはんの場所探してうろちょろしてたら、見つけてしまった  神戸・トアウエストの華流カフェ「HANAZONO CAFE」   「ふ〜ん。こんなカフ... [続きを読む]

受信: 2005/09/14 02:27

« 京都でお茶をいただく その11 | トップページ | 京都で御朱印をいただく その13 »