« 京都で聖獣を見つける その6 | トップページ | 京都でお茶をいただく その11 »

2005/08/01

京都で御朱印をいただく その12

243244

龍安寺(りょうあんじ)は1450年に細川勝元が徳大寺家の別荘を譲り受けて寺としました。
15個の石をすべて見つけることが難しい別名「虎の児渡しの庭」といわれる石庭は、人によって十六羅漢だったり雲海に浮ぶ山だったり、さまざまな風景に見えるのだそうです。龍安寺の見どころは石庭だけではありません。安土桃山時代、豊臣秀吉が境内の樹木の伐採を禁止したなごりから鏡容池庭園は現在でもまるで自然のままあるかのような美しさを誇っています。

|

« 京都で聖獣を見つける その6 | トップページ | 京都でお茶をいただく その11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4959825

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で御朱印をいただく その12:

« 京都で聖獣を見つける その6 | トップページ | 京都でお茶をいただく その11 »