« 京都で御朱印をいただく その12 | トップページ | 『マジック・キッチン』(魔幻厨房) »

2005/08/02

京都でお茶をいただく その11

246247

龍安寺裏庭にある銭形のつくばいは、中心にある“口”を共有して時計回りに“吾唯足知(われ、ただ足るを知る)”とありがたい禅道の格言が図案化されています。盗難防止のため置いてあるのはレプリカですが、これがちょっと苔がついているように見えたりして、言われなければ本物かと思ってしまうような雰囲気が十分あじわえます。
お茶についてくる和菓子はこし餡を落雁で包んだこのつくばいです。

|

« 京都で御朱印をいただく その12 | トップページ | 『マジック・キッチン』(魔幻厨房) »

コメント

こんにちは。
このお菓子「つくばい」は私のお気に入りの和菓子店『柳苑』製だとおもいます。
「つくばい」は竜安寺所有の商標登録で、使用許可を得ていると『柳苑しおり』に書かれています。
ここには「龍鳳」という雲龍を象ったお饅頭もありますので、一度ぜひご覧下さい。
*菓匠『柳苑』 中京区寺町丸太町下る

投稿: あくあ | 2005/08/03 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4960338

この記事へのトラックバック一覧です: 京都でお茶をいただく その11:

« 京都で御朱印をいただく その12 | トップページ | 『マジック・キッチン』(魔幻厨房) »