« 京都でお茶をいただく その12 | トップページ | トゥーランドット その2 »

2005/08/12

トゥーランドット その1

306307

先日、パンパシィフィっクホテル横浜内にあるトゥーランドットに行ってまいりました。
店名は紫禁城を舞台にしたプッチーニ最後のオペラ“トゥーランドット”の名にちなんで名づけられたのだそうです。なので壁にはフィレンツェ歌劇場指揮者ズービン・メータと中国映画監督張芸謀(チャン・イーモウ)のコラボレーションにより原作舞台紫禁城で公演されたというオペラ“トゥーランドット”のポスターが飾られています。
名前のとおり中華と欧州のスタイルが融合したような素敵なお店でした。
写真は夏らしく蕃茄冷拌麺(トマトとクレソンたっぷりトマト冷やしそば)と辡子炒龍蝦(オマールエビと夏野菜のピリ辛炒め豆鼓風味です。お皿のふちにつかまっている唐子が可愛!

|

« 京都でお茶をいただく その12 | トップページ | トゥーランドット その2 »

コメント

TBありがとうございます。
セントレアのお店は「クイーンアリス&トゥーランドット」なので、ちょっと欲張りです。しかも僕が食べたのはクイーンアリスメニューなので、TBしていただいて恐縮です。
次はぜひトゥーランドットメニューを、と思っていますが、いつになることやら...。

台湾・中国に出張してから、その方面への関心が高くなっているので、ここのブログも楽しませてもらいます。

投稿: まさ | 2005/08/15 02:19

はじめまして!!

TBありがとうございました♪こちらからもTBさせていただいてしまいました~。
個人的には「デザート最高!」でお料理はやっぱり中華街のほうがパンチがあって好きかなぁと言った感じです。

宝迫さんからのTBに感動しつつ、ブログに記事を書いてみました。またお暇な時にでもぜひ遊びにいらしてくださいませませ。

また遊びに来ます!!!では~。

投稿: run2winds | 2005/08/14 10:51

TBありがとう☆
ちっちゃ甥っ子と一緒にいったので、お店の方にご迷惑を…
ファミレス状態かなぁ~
お料理はとっても美味しくて、デートコースですよね♪

投稿: ケイ | 2005/08/13 11:34

おいしそうなお料理もさることながら、お皿の縁からのぞく唐子、このタイプの食器をよく見かけます。
茶道具では「一閑人」という蓋置が有名で、これは井戸を覗いている唐人の形をしています。なにか故事があるのでしょうか。

投稿: あくあ | 2005/08/12 23:16

TBありがとです!
トゥーランドット、僕は3回行きましたが、毎回、微妙に違うんですよね...
横浜中華街の味に慣れているせいか、多少、物足らなさを感じてしまうのは僕だけでしょうか...
お食事の時に出されるお茶は最高!
お食事に絶妙にマッチしています...
と言う事は、基本的にトゥーランドットはあっさり系なんですね...
では!

投稿: go_slow | 2005/08/12 22:16

TBありがとうございます。
私はトゥーランドットにはまだ行ったことないのです。
見るからに美味しそうですし、器のこだわりもいいですね。
脇屋シェフのこだわりの小さい赤坂のお店もステキでしたよ。

投稿: basia | 2005/08/12 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/5367805

この記事へのトラックバック一覧です: トゥーランドット その1:

» 脇屋友詞シェフの中国茶セミナー [Bitter Sweet days]
本日はチャイニーズ・シェフの脇屋友詞氏の中国茶セミナーに 行ってきましたよ。 脇屋友詞氏はトゥーランドットという中国料理のお店をプロデュースされた シェフ。中国茶にも造詣が深く、その一部をレクチャーしてくれました。 だけど、ホントに脇屋シェフ自らが教えて下さ... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 21:04

» 中国茶に合うおやつ [Bitter Sweet days]
さて脇屋シェフの中国茶セミナーで頂いたおやつをご紹介 ただの焼き芋?そうですが、違います。 これは中国茶の茶がらにグラニュー糖を混ぜたものの中に サツマイモを入れ、アルミホイルで包んだ焼き芋です。 そうすると、お茶の香りがお芋に移り、甘みも増すそうです... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 21:04

» トゥーランドット 六本木店(六本木) [ランチでグルメ]
六本木ヒルズのおしゃれ中華といえばこちら。少し狭い店内ですが、それなりに空間を有効利用しているといわなければいけないのでしょう。ランチに坦々麺をいただきましたが、中華っぽくないクリーミーなスープに驚きでした。食後の杏仁豆腐もマル。ところで、赤坂店のランチは3000円... [続きを読む]

受信: 2005/08/13 17:23

» 脇屋シェフの「トゥーランドット」。 [こどもとだらだら「代官山&恵比寿」。]
今日はじじばばたちを誘って、よこはまみなとみらいのパンパシフィック横浜に中華料理を食べに行きました。 出向いたのは「TURANDOT (トゥーランドット 游仙境)」。 最近人気の美味しいお店です。 シェフの脇屋友詞さんは、ナショナルの電子レンジのコマーシャルにも出てらっしゃいますね。 ご覧になったことがある方も多いかと思います。 今夜のテレビ東京『ソロモンの王宮』で密着ドキュメントされていたよう。 残念、... [続きを読む]

受信: 2005/08/14 10:44

« 京都でお茶をいただく その12 | トップページ | トゥーランドット その2 »