« 『マジック・キッチン』(魔幻厨房) | トップページ | 香港上海銀行上海支店(匯豊銀行大楼) »

2005/08/04

京都で御朱印をいただく その13

252253

鷲峰山高台寺は、豊臣秀吉夫人の北政所(ねね)が1606年に秀吉の菩提を弔うために創建したお寺です。それにあたって徳川家康が多大な財政的援助を行ったのは、政治的配慮からであると伝えられています。高台寺から、ねねが大阪の戦火を見たというのは本当でしょうか?歴史がドラマチックに脚色されたのだと思われますが‥。
写真は灰屋紹益と吉野太夫との好みの茶席である遺芳庵です。
利休の趣向による茶席であり伏見から移されてきた、竹が放射状に組まれまるで傘のように見えるところから傘亭と呼ばれている安閑窟と二階建てが珍しい時雨亭は、行ったときにはタイミングが悪いことに修築中でカバーがかかっていない半分しかみることができませんでした。残念。

|

« 『マジック・キッチン』(魔幻厨房) | トップページ | 香港上海銀行上海支店(匯豊銀行大楼) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4990390

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で御朱印をいただく その13:

« 『マジック・キッチン』(魔幻厨房) | トップページ | 香港上海銀行上海支店(匯豊銀行大楼) »