« 『スター・ランナー』(少年阿虎) | トップページ | 京都で御朱印をいただく その17 »

2005/08/23

京都で御朱印をいただく その16

250251

晴明神社の御祭神、安倍晴明は天文陰陽博士として6代もの帝(朱雀帝、村上帝、冷泉帝、円融帝、花山帝、一条帝)に仕えました。彼の偉業は、村上帝の時代に入唐し、後年に日常生活の基準となる年中行事、暦、占術などの基礎を作ったということです。
晴明桔梗印と言われるお馴染みの☆印は、晴明が創造したもので陰陽道に用いられる祈祷呪符です。
数年前にお参りした時には静かな所でしたが、陰陽グッズのお店ができていたり、柳の下に式神がいたり、なんだかにぎやかになっていて、びっくりしました。

|

« 『スター・ランナー』(少年阿虎) | トップページ | 京都で御朱印をいただく その17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/5604050

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で御朱印をいただく その16:

« 『スター・ランナー』(少年阿虎) | トップページ | 京都で御朱印をいただく その17 »