« 海を渡った木魚 | トップページ | 萬福寺に風水を見る »

2005/08/26

京都でお茶をいただく その15

298297

鴨川に茶屋を開き煎茶をひろめた煎茶の祖、高遊外売茶翁は、煎茶を日本に伝えた黄檗山萬福禅寺の僧で月海元昭禅師と言いました。
萬福寺には彼を祀った売茶堂、煎茶道修行道場“有聲軒”、全日本煎茶道連盟本部などがおかれ、現在もなお煎茶伝来の地としての役割をはたしています。

|

« 海を渡った木魚 | トップページ | 萬福寺に風水を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/5622289

この記事へのトラックバック一覧です: 京都でお茶をいただく その15:

« 海を渡った木魚 | トップページ | 萬福寺に風水を見る »