« ゴーヤ(苦瓜) | トップページ | 京都で聖獣を見つける その8 »

2005/08/29

313195

桃は中国黄河上流で5000年以上前から栽培され、日本やヨーロッパなどに広まりました。神話『古事記』には伊邪那岐命(イザナギノミコト)が黄泉の国から逃げ帰る際に、追いかけてくる黄泉の国の鬼に桃を投げて追い払ったとあり、古来から桃には邪気をはらう力があるとされてきました。御伽噺『桃太郎』の桃から生まれた桃太郎も鬼退治にゆきます。魔除けの桃はお寺でも見ることができました。写真は萬福寺の桃戸、そして桃瓦はあちこちの寺院で見ることができます。お寺の瓦はとてもおもしろいので、今度ぜひ気をつけて見てください。

|

« ゴーヤ(苦瓜) | トップページ | 京都で聖獣を見つける その8 »

コメント

桃瓦、可愛い!!
うちの家の近くにも神社があるので
今度気をつけて見てみます。
怪しい人に間違えられて追い払われたりして・・・。
蓋碗も今は桃のがお気に入りです☆

投稿: yumi | 2005/08/31 13:53

10「へぇー」進呈(w
まあでも、桃瓦は結構沢山ある物なんですね!(驚
全然気付きませんでしたが、ウチの地元もお寺は多いので、今度通りかかる時は注意して見てみます♪

投稿: 忍豚 | 2005/08/30 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/5666287

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ゴーヤ(苦瓜) | トップページ | 京都で聖獣を見つける その8 »