« 『雲南物語』(雲南故事) | トップページ | 香籠閘南飯 »

2005/07/05

碧螺春魚米

209210

碧螺春魚米は白身魚といろいろな野菜の碧螺春炒め、茶山造りです。
茶山というのはお皿の中心に聳え立っているレンコンで作られた武夷山、武夷山に行ったことがあるテーブルに座っていた方々はまさしく武夷山みたいなことを言っておられました(私のコメントは差し控えさせていただきます)。レンコンを緑色に染めているのは碧螺春の粉末なのかと思いきや、現実は青のりでした。いろいろな事情があるのだと思います。
デコレーションだけでなくオレンジの中に入った料理にも趣向がこらされていました。お料理をそのまま食べてもよいし、オレンジのフタを絞ってお好みで酸味をきかせることもできます。柑橘系の香を楽しみながらいただきました。

|

« 『雲南物語』(雲南故事) | トップページ | 香籠閘南飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4828613

この記事へのトラックバック一覧です: 碧螺春魚米:

« 『雲南物語』(雲南故事) | トップページ | 香籠閘南飯 »