« 碧螺春魚米 | トップページ | 七夕節 »

2005/07/06

香籠閘南飯

211212

香籠閘南飯は干し海老、干し貝柱、干し椎茸、干し肉、タロイモなどの具入りジャスミン茶で炊いた(たぶん)蒸籠入り五目ごはんです。
ハスの葉をめくるとジャスミン茶の香とごはんにのっている大きなカニ、視覚にも嗅覚にも訴えるお料理です。この料理のおもしろいところは3種類の味をあじわえることです。そのまま食べたあと、ジャスミン茶またはジャスミン冷茶をかけてお茶漬けにしていただきます。チャーハンをお茶漬けにして食べるというのが良いか悪いかはわかりません。ジャスミン茶をじゃぶじゃぶかけすぎてしまって、お茶に味が流されてしまったもんで‥。美味しく食べられるかどうか食べる人の腕にもかかっている料理なのでした。

|

« 碧螺春魚米 | トップページ | 七夕節 »

コメント

美味しそうですね♪
お茶漬けにしても味わえるのはチョット珍しいです。
中国のどの辺の料理なんでしょうか?
ひとくちに中華と言っても、地域による特色は大きいですからね。

投稿: 忍豚 | 2005/07/07 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4829334

この記事へのトラックバック一覧です: 香籠閘南飯:

» 珠江飯店 [かなり週刊:にっき]
横浜に出張だったので、ランチは中華街に行きました。 最初は、一緒にいた人間が行っ [続きを読む]

受信: 2005/07/07 22:10

« 碧螺春魚米 | トップページ | 七夕節 »