« 京都でお茶をいただく その8 | トップページ | 清浄歓喜団 »

2005/07/10

竹水羊かん

218

小学生のこと遊びに行くのがとっても楽しみなお友だちのお家がありました。お母さまが華道だったか茶道の先生をしていたので、出てくるお菓子のレベルが高いのです。そのうえ、そのお友だちはお菓子を作るのがすごく上手で、こちらはちょっと寄っただけなのにその間にささっと熱々のレモンスフレを作って出してくれるような子でした。
そんなお宅でいただいたさまざまなお菓子の中で一番思い出深いのが竹水羊かんです。竹筒の節目に穴をさすとするっと出てくる趣向も、竹の香りを帯びたさらっとした甘味も、人生(たった数年ですけど)で経験したことのないものでした。小学生にしてお菓子の奥深さを知りました。
京都に行くと必ず買いたくなる和菓子です。

|

« 京都でお茶をいただく その8 | トップページ | 清浄歓喜団 »

コメント

小学生で和菓子の奥深さを感じられるなんて素晴らしいです。夏は涼しげな甘味で一服するのが最高です。

投稿: シャスデリ | 2005/07/12 00:30

素敵ですね。
暑い夏にはこういった涼しげなお菓子が
嬉しいです。見た目にも楽しめて
私も好きでした(^-^)
それにしても、小学生でスフレをささっと
作れるなんて、かなりレベルの高い
お友達だったんですね(笑)
そして羊羹にうっとりされていたしのわずり
さんもかなりの上級者です!!(笑)

投稿: yumi | 2005/07/11 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4866619

この記事へのトラックバック一覧です: 竹水羊かん:

« 京都でお茶をいただく その8 | トップページ | 清浄歓喜団 »