« 京都で御朱印をいただく その10 | トップページ | 冷茶と夏の富士 »

2005/07/26

夏草、蜩(ひぐらし)

268269

前回お招きいただいたのは、紫陽花が盛りの雨の日でした。
雨さえ降っていなければ、お庭を散策させていただけたかもしれないのにと、おじゃましている間じゅう外が気になってチラチラ、チラチラ、窓のほうばかり見ていましたっけ。
自然の草花に囲まれて行われた今回の納涼茶会は、蚊帳で設えられた茶芸の舞台で、蜩(ひぐらし)と鶯(うぐいす)の共演も加わって、夏の趣深いひとときでした。
次回は九月、中秋の頃に観月の茶会があるのだそうです。

|

« 京都で御朱印をいただく その10 | トップページ | 冷茶と夏の富士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/5163715

この記事へのトラックバック一覧です: 夏草、蜩(ひぐらし):

» 納涼の宴 [中国茶の世界へようこそ]
国際茶道・香道 丹月流(国際茶文化交流) 茶友しのわずりさんのお誘いで、国際茶道香道丹月流宗家、丹下明月先生主催の「納涼の宴」が行われるという鎌倉市極楽寺のすぐそばにある宗家のご自宅に伺ってきました。 宴は宗家の口上から始まり、鶯と蜩の声をBGMに緑溢れるお庭で、今日の為にと設えられた、古くからある蚊帳を青竹で組んだ枠に被せた茶藝空間で、華やかなチャイナドレスに身を包んだ中国人留学生二人の古代茶芸の再演と、緑茶の表演、宗家自らによる丹月流茶道の披露が�... [続きを読む]

受信: 2005/07/29 13:53

« 京都で御朱印をいただく その10 | トップページ | 冷茶と夏の富士 »