« 冷茶と夏の富士 | トップページ | 阿波番茶 »

2005/07/28

チャイ with オレンジ

272

茶葉を手鍋に入れて水と牛乳、または牛乳だけで煮出すという方法でいれたミルクティーを、地域的にインドあたりから中東ではチャイ(chai)と言うのだと認識していました。英国式に言えば、ロイヤルミルクティーですよね。たぶん。チャイとロイヤルミルクティー、呼称以外に何か違いがあるのでしょうか?そんなことを考えながらチャイを飲むことがあります。
鎌倉の御成通りにある陀陀舎で飲んだチャイには、輪切りにスライスされたオレンジが浮いています。それだけのように見えるのですが、飲んでみると香にも味にもオレンジの存在感がすごく感じられます。やみつきになりそうな味です。何か工夫されているのでしょうか?また疑問がふえてしまいました。

|

« 冷茶と夏の富士 | トップページ | 阿波番茶 »

コメント

こんにちは初めまして。
TBありがとうございます。
陀陀舎でお茶をしている時、カウンターからオレンジの香りがしてきました。
チャイに入れていたんですね…このお店はお茶を美味しく飲む為のこだわりが感じられて素晴らしいです。
また行く機会があったらチャイも試してみたいな…。

投稿: dai-kanbu | 2005/08/01 08:06

miyaさま、忍豚さま、みけさま、チャイとミルクティーの違い、みなさんのコメントを読ませていただき、スパイスの有無だということで納得することができました。オレンジもスパイスと言えますよね。みなさん、ありがとうございました。

投稿: しのわずり | 2005/07/29 23:20

TBありがとうございます♪
はじめまして。
陀陀舎のチャイ、飲んでみたい!!
この間は初めてで、ノーマルな茶でしたが、
次は・・是非チャイにいってみよ♪
私のチャイとミルクティーの違いに対する理解も同じく、呼称の違いだと思ってます。
あとやはりスパイス・・・かな。イメージも大きいかも知れないですが。
お茶好きな私・・またちょこちょこお邪魔させてくださいませ。

投稿: miya | 2005/07/29 23:10

TBありがとうございました。
鎌倉のチャイ、飲んでみたいです。

投稿: きらきら | 2005/07/29 19:37

久しぶりに書き込みます♪
チャイとロイヤルミルクティーの違い・・・
素人なので詳しいことは知りませんが、チャイには生姜が入っていると聞いたことがあります。
違うかな?(汗

投稿: 忍豚 | 2005/07/29 18:56

こんにちは、初めまして。
TB、どうもありがとうございました~。

チャイとロイヤルミルクティーの違い。それはスパイスだと、私は思っています。
昨年の11月に、静岡で「世界お茶まつり」とかゆーイベントがありまして、その時、日本紅茶協会の方が、チャイの淹れ方を実践されてました。インドで淹れるチャイには、カルダモンとかシナモンとか、スパイスを一緒に煮出すそうです。
試飲させていただきましたが、なるほど、いろんな味がぎゅっと詰まっていて、とても美味しかったです。

投稿: みけ | 2005/07/29 18:48

こんにちは。
トラバありがとうございます。
私は外国で本格的なチャイを飲んだことはないので、自分で作るチャイも「スパゲッティ・ナポリタン」のような日本製じゃないか?と思っているのですが(@@)。
紅茶とミルクはとても相性がいいですね。雑誌にほうじ茶でチャイを淹れる応用編が載っていたので、いつか試してみます。

投稿: あくあ | 2005/07/29 06:45

はじめまして。
TBありがとうございます。
ひとくちにチャイと言っても色々な種類のものがあるようですね。
私はずっとチャイ=ミルクティーの認識でしたので
万博のイラン館で飲んだストレートティーを「チャイ」と呼ぶことに驚きました。

投稿: りょう | 2005/07/29 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/5186303

この記事へのトラックバック一覧です: チャイ with オレンジ:

» 万国の食を堪能する博覧会(笑) [気ままにTea time]
本日は友人たちと総勢4人で万博へ。 雨も降らず、日差しもなく、湿気が多いながらも [続きを読む]

受信: 2005/07/29 00:28

» 「陀陀舎」 [ガブ飲み生活♪]
鎌倉駅西口にあるお茶のお店「陀陀舎」にてのんびり。 私は「おくみどり(静岡)」を、友人は「玉露(八女茶)」をいただいた。 どちらのお茶も楽しめるように、それぞれを二人分用意してくれたので、 何煎かゆっくり淹れながらお茶を楽しめた{/cups/} 飲み終わった後には、淹れた茶葉を「ポン酢」に浸して食すことができる。 話を聞くまでは、何の為の「ポン酢」かと思ったけれど{/face_warai/} 自然の茶葉は食べても身体にも良く、味も新鮮... [続きを読む]

受信: 2005/07/29 23:12

« 冷茶と夏の富士 | トップページ | 阿波番茶 »