« 『さらば、わが愛 覇王別姫』(覇王別姫) | トップページ | さよなら、養源斎 その2 »

2005/06/08

さよなら、養源斎 その1

160161

世界各国の国賓をもてなす中国北京の迎賓館、釣魚台国賓館「養源斎」の門外不出の味を海外で唯一味わえたFour Seasons Hotel椿山荘「養源斎」が6月19日をもって閉店し北京に帰ってしまうという話を聞いて、今までその存在を知らなかったのに「最後に一度は行かねば!」という気持ちにせかされて行って参りました(やった!)。
釣魚台国賓館で100名超の国賓をもてなしてきた味!という雰囲気にだいぶ酔ってしまった感がありましたが、メニューの9品すべてこれだけでも目玉料理になるようなものばかりで、量的にぜったい全部完食できないだろうと覚悟して持っていったタッパーやビニール袋が必要ないほど残さず食べました。
当然お約束の珍味「つばめの巣」と「フカヒレ」も登場しました(上写真)。ごちそうさまでした。中国料理「養源斎」クローズに伴うスペシャルメニュー『梁開金感謝集錦宴』は19日の閉店まで食べられるそうなので、興味のある方はぜひどうぞ。

|

« 『さらば、わが愛 覇王別姫』(覇王別姫) | トップページ | さよなら、養源斎 その2 »

コメント

「さらば 養源斎」
養源斎開業準備から関わったことと長年に亘り職場としての「養源斎」が、この間に閉店されたことを元同僚から伺いました。。。
気持ちが複雑です。。。
さらば 養源斎

投稿: 楊学勤 | 2005/08/18 23:14

TBありがとうございます。
私も夜行ってみたかったのですが、滑りこみでランチしました。ランチだからか?期待していたよりは、、、という感じでした。
機会があれば本場で味わってみたいです。

投稿: TOMMY | 2005/06/10 00:08

父は一般人ですが向こうの招待で泊まったんです。ホテルのように予約した訳じゃないんです。
中国人労働者の養成や受け入れみたいな事をやっていて、その返礼みたいなものだったそうです。
言葉足らずでした。

投稿: 織田信雄 | 2005/06/09 21:59

北京の釣魚台国賓館って一般人は入れない
と思ってたんですけど、実は入れるんですね(笑)
宿泊も食事も出来ます、と聞いて、
今度機会があったら行ってやろう!と思いました(^0^)
高いかな・・・。

投稿: yumi | 2005/06/09 13:37

初めて書き込ませていただきます。
国賓ではないですが父が釣魚台で食事・宿泊を経験しています。すごかったと言っていました。日本でも料理を味わえる所があったとは知りませんでした。

投稿: 織田信雄 | 2005/06/09 12:23

憧れのお店だったんですが、幻で終わってしまいそうです。。。
家から近いのに残念です。
ここで食事できるくらい立派になろうと若い時は思ってたんだけどなーw

投稿: ちぇんすい | 2005/06/09 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4475245

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、養源斎 その1:

« 『さらば、わが愛 覇王別姫』(覇王別姫) | トップページ | さよなら、養源斎 その2 »