« さよなら、養源斎 その5 | トップページ | 蛍の季節なのですねぇ »

2005/06/12

はじめての御朱印帳

167

最近聞いたことでスゴイなぁと思ったのは、連休のたびに四国八十八ヶ所を歩き遍路している人のお話です。
私なんてエレベーターのない建物を6階まで上っただけで、ちょっと目の前が薄暗くなってしまいますもの。お遍路、縁がありません。話を合わせようとして発した言葉といえば、「行く先々でいろんな物がもらえるんですよね」って、レベル低すぎました。
そんな私でも、その人が持っている150年前の御朱印帳の話を聞いているうちに、「ちっとも羨ましくないぜ」とぐれていた私の心に負けず嫌いの火がともりました。私だって御朱印帳持ってやる!で、このこをテクテク買いに行きました。☆印がかわいい。
お遍路は無理だけど、好きな寺院の御朱印を集めてみます。

|

« さよなら、養源斎 その5 | トップページ | 蛍の季節なのですねぇ »

コメント

はじめまして。TBありがとうございます。
私のブログには「サイバー御朱印帖」というものがございますので、どうぞ参考になさってください。最近はなかなか西国三十三箇所巡礼にも行けず、ちょっと欲求不満気味ですが、秋くらいになったら巡礼を再開したいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

投稿: 鉄血人文主義者 | 2005/06/17 23:06

おっ五芒星の晴明桔梗紋が! と思ったら、すでに忍豚さんが書かれていましたね!
亡き母も病弱なくせに四国八十八か所巡りにはまり、バスツアーにたびたび参加して、朱印を真っ白なかたびらにいただいておりました。死に装束にそのかたびらを用い、遍路杖を棺に入れました。しかしホスピスで、母は「白百合とか、お花いっぱいの祭壇にしてほしいわぁー」と言っていたのですが…それ、多分キリスト教用の祭壇だろう…ってことで、遺族は大変困ったのでした。
ま、空海さんにも仏様にもマリア様にも夢中だった典型的日本人の母ですから、そのうちの誰かが何とか昇天…極楽行きに手を貸してくれているだろうということで。
御朱印集め、楽しんでくださいね。

投稿: nancix | 2005/06/13 17:16

おっと、これは晴明神社のですね。
以前私も買いました。
これってちょっと大きめなんですよね。
あと東寺のもなかなか素敵ですよ。

投稿: じゅんかん | 2005/06/12 23:47

TBありがとうございました。
素敵な御朱印帳ですね!
晴明神社でお求めですか?

流麗な筆の動きを見るのがとても好きです。

投稿: マイキー | 2005/06/12 22:43

これは「晴明判紋」(字間違ってないかな?)というやつですか?
昔、『帝都物語』に出てきたマークですが、何でも陰陽師の安倍晴明が使っていたとか。

投稿: 忍豚 | 2005/06/12 13:24

わ~、綺麗な装丁の御朱印帖ですね。
わたしも学生時代からの(何年前から?汗)御朱印帖を大事にもって、神社仏閣に行くときにはお供させています。お遍路はわたしもできませんがミーハーにスタンプラリーのように楽しんでます。それぞれの印に個性があって、energyの色も違う気がしておもしろいです。きっとしのわずりさんならすぐにいっぱいになると思いますよ♪

投稿: ayumik | 2005/06/12 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4516627

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての御朱印帳:

» 御朱印帳 [ねこの足]
やっぱり御朱印集めには「御朱印帳」をということで、ネット検索したら晴明神社にあるようなので、まず晴明神社へ行って御朱印帳&御朱印GET!。車を二条城に置いた時点から、修学旅行生が多かったけど....映画「陰陽師」以来か晴明神社も何組か旅行生が居た。 次に向かったのは白峰神宮。ここは「蹴鞠」系にご利益ということで、サッカーやらバレーボール?やらの新聞の切抜きと共に修学旅行生が居ました。。 次は、久米ちゃん... [続きを読む]

受信: 2005/06/21 01:05

» 西国二十七番 書写山圓教寺 [鉄血人文主義!]
兵庫県姫路市の郊外にある書写山圓教寺に行ってまいりました。 天台宗のお寺で、大講 [続きを読む]

受信: 2005/07/03 20:29

» 西国二十七番 書写山圓教寺 [鉄血人文主義!]
兵庫県姫路市の郊外にある書写山圓教寺に行ってまいりました。 天台宗のお寺で、大講 [続きを読む]

受信: 2005/07/04 00:46

« さよなら、養源斎 その5 | トップページ | 蛍の季節なのですねぇ »