« 京都で聖獣を見つける その2 | トップページ | 京都で聖獣を見つける その3 »

2005/06/28

京都で御朱印をいただく その4

194195

天龍寺は1339年後醍醐天皇の菩提を弔うために夢想国師を開山として後醍醐天皇が幼少期を過ごしたこの地に足利尊氏によって建立されました。
天龍という名前は足利尊氏の弟が見た金色の龍の夢に由来しています。
夢想国師は天龍寺による元との貿易によって資金調達を行ないお寺の施設を整えました。中国から桃を伝えたのが臨済宗(天龍寺も属しています)、鬼瓦とともに桃瓦でも悪鬼を駆逐してしまうといいます。臨済宗系建築物の屋根は要チェックです。つるつるした可愛い桃を見つけることができるかも。

|

« 京都で聖獣を見つける その2 | トップページ | 京都で聖獣を見つける その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4680239

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で御朱印をいただく その4:

« 京都で聖獣を見つける その2 | トップページ | 京都で聖獣を見つける その3 »