« 京都でお水をいただく その2 | トップページ | 京都でお水をいただく その3 »

2005/06/29

京都で御朱印をいただく その5

198199

780年鹿狩りにきた坂上田村麻呂が修行中の僧に殺生をとがめられ、供養のためにお堂を建てたのが始まりと伝えられる清水寺、有名な清水の舞台として知られる本堂の高さは12メートル、釘を1本も使わずに組み立てられています。
清水の舞台から飛び降りるという言葉があり、それは決死の覚悟を示すという意味ですが、ほんとうにそんな人はいるのでしょうか?下を見ただけでけっこうクラクラきます。本堂を参った帰り道にオチャメなよだれかけ?(じゃないですよね)をかけたお狐様がいました。
高台寺から清水寺までちょっと情緒ある坂を通っていったのですが、その道脇の店先そこここに五猿が下がっていました。目の悪い私には桃の実が5つ下がっているように見えます。よく見ると丸く屈伸しているお猿さんたちでした。それが5匹、で五猿(御縁)。お客様との御縁がありますようにとの願いがこめられているのだなぁと感心していたせいで、写真をとるのを忘れてしまいました。何坂(清水寺の周りはたくさん坂があるので)を通ったかも分かりません。残念。

|

« 京都でお水をいただく その2 | トップページ | 京都でお水をいただく その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4680852

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で御朱印をいただく その5:

» ボージョボー人形予約しちゃいました。 [いいぶうの一病息災な日常]
  「ザ!世界仰天ニュース」で見た恋が叶うというボージョボー人形を、楽天のショッ [続きを読む]

受信: 2005/06/30 01:20

» 鳥辺山から清水寺へ [Days of Books, Films ]
清水寺へ行くには、ふつう清水坂か茶碗坂を登ってゆく。修学旅行や観光客のほとんど [続きを読む]

受信: 2005/07/06 00:49

« 京都でお水をいただく その2 | トップページ | 京都でお水をいただく その3 »