« 端午節 | トップページ | すごいかも、中華茶文化DVD »

2005/05/06

名栗川名物 四里餅(しりもち)

124

材木を筏に組んで急流を竿一本で操る人を筏師というらしいです(今はそのような職業の人はあまりいないかもしれません)。昔むかし名栗川の筏師たちが小さな峠のお茶屋さんで縁起をかついで食べたお餅が四里餅(しりもち)だといわれています。筏師はこの餅を食べて難所を尻餅(しりもち)もつかず乗り切れるよう願ったというのです。う~ん。うまい。ネーミングも味もグットなお菓子でした。

|

« 端午節 | トップページ | すごいかも、中華茶文化DVD »

コメント

teddybonbonさん、コメントありがとうございます。
名栗川は秩父のほうだったと思います。秩父には小学校のころ林間学校でよく行きました。山に登って峠のお茶屋さんでお茶するのもけっこう楽しかったです。

投稿: しのわずり | 2005/05/08 00:15

かわいいお菓子、名前がいいですね♪名栗川って何処でしたっけ?

投稿: teddybonbon | 2005/05/07 08:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4015289

この記事へのトラックバック一覧です: 名栗川名物 四里餅(しりもち):

« 端午節 | トップページ | すごいかも、中華茶文化DVD »