« T.T.G.F.O.P. | トップページ | 四喜(セイヘイ) »

2005/05/02

夏も近づく八十八夜

120

今時さすがに茜襷とツゲの傘をしている人はいませんが、近所に自園を持つ大きなお茶屋さんと茶畑があるせいか、今でもこの季節がくると大きな籠を背負って家の前を茶摘をする人がたくさん通ります。
そして茶摘の人をみかけると初めて飼った犬のことを思い出します。20年前に家にやってきた小太郎はとても警戒心の強いこでした。外見はころころした可愛らしい小犬なのですが、なでようと手を伸ばしても逃げまわってオトナシクなでさせてくれません。飼い主にこれじゃあ‥と、ちょっともてあましていたはずが、茶摘の季節を向かえ家の前を通るおばちゃんたちに可愛い可愛いとぐりぐりなでまわされているうちに誰にでも愛想をふりまく節操のない子に変わっていました。誰にでもすぐコロンと転がってお腹をみせるようになった小太郎を見て、やっぱり飼い主としてはちょっと悲しいかもと思ったものです。
小太郎は3年前に天国に行ってしまいましたが、お茶の味は今でも変わりません。

|

« T.T.G.F.O.P. | トップページ | 四喜(セイヘイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/3941957

この記事へのトラックバック一覧です: 夏も近づく八十八夜:

» 違い [Osome Times blog]
 お茶好きの方はご存じですね。 左の写真は一針二葉の茶葉です。  以前中国の浙江 [続きを読む]

受信: 2005/05/04 19:14

« T.T.G.F.O.P. | トップページ | 四喜(セイヘイ) »