« 上海総会 | トップページ | 映画『クンドゥン』の地 »

2005/05/12

待っててね、敦煌

130

中国の中で行きたくても行けていない場所が2つほどあり、その中のひとつが敦煌です。
でも敦煌というとなぜかわからないけれど、『天平の甍』(この小説の舞台が敦煌というわけでもないのに)が頭の中に浮んできます。「敦煌に行きたいなぁ~」と考える → 『天平の甍』がカットイン → 苦労しなければ行けないところだよねぇ~と苦悩 → 挫ける。頭の中にこんな流れができています。
この“甍の呪い”を打ち破るべく、今日から通い始めたのがシルクロードの歴史と浪漫を学ぶ講座です。
講義のほうはときどき意識が遠くなりそうな何度かの試練に見舞われましたが、石窟のスライドには目が釘付けになりました。
このままモチベーションを高めて、秋には敦煌へGo!、かな?

|

« 上海総会 | トップページ | 映画『クンドゥン』の地 »

コメント

この写真は北魏様式。
山西省の雲崗石窟の大仏と思います。

投稿: Tomotubby | 2005/05/13 23:59

敦煌、是非!!
ほんとにほんとに小さな町ですが、
(そして日本人しか来ないとか言われてる所ですが)とっても素敵でした☆
「天平の甍」(笑)。確かにあれを読むと物凄い苦労で挫けそうになりますよね(^^;)
井上靖つながりですかね(笑)
私もその講義、受けたいです!!

投稿: yumi | 2005/05/13 23:11

敦煌にいくのにちゃんとシルクロードの講義を受けて行かれるなんてすごいなぁ。
いつも拝読しております。
リンクに加えさせていただきました!
よろしくお願いします!

投稿: k-s | 2005/05/13 09:47

私もです♪敦煌・・・憧れの地です(~_~)

投稿: teddybonbon | 2005/05/13 03:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/4100564

この記事へのトラックバック一覧です: 待っててね、敦煌:

« 上海総会 | トップページ | 映画『クンドゥン』の地 »