« 茶館ランチその5 | トップページ | 上海の蒋介石故居 »

2005/03/24

拉摩斯公寓(ラモスアパート)

078

上海市の四川北路と多倫路の角に建つ公寓は1920年代当時映画館経営をしていたイギリス人ラモスが建てたアパートメントであることから拉摩斯公寓(ラモスアパート)と言われました。
1927年秋に広州から上海にやってきた文学者で思想家である魯迅は最初は横浜路にある住居に住みましたが、3年後切迫した社会情勢からそこに住みつづけることができなくなったために日本の友人である内山完造が都合をつけたのが拉摩斯公寓(ラモスアパート)です。3階の4号室が内山完造名義で借りられ、表札も内山完造の名前が掲げられました。1996年、虹口区政府は地区内10ヶ所に文化名人故居の碑をたてましたが、ここもその中のひとつです。

|

« 茶館ランチその5 | トップページ | 上海の蒋介石故居 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/3414023

この記事へのトラックバック一覧です: 拉摩斯公寓(ラモスアパート):

« 茶館ランチその5 | トップページ | 上海の蒋介石故居 »