« 康熙王朝 | トップページ | 岩茶は和菓子にも合うのですね »

2005/03/19

洞庭碧螺春

073

康熙帝と言えば、康熙帝と縁が深いお茶に碧螺春という緑茶があります。
産地は江蘇省太湖洞庭山東山(西山もあります)が有名です。
かつてこの地を訪れた康熙帝が献上されたお茶をたいそう気に入り、そのお茶の名前を尋ねたところ、名前がお茶の素晴らしさにそぐわない土臭い名前だったため、自ら碧螺春と改名したという話が残っています。
康熙帝や乾隆帝は江南を中心に何度も南巡を行いました。碧螺春命名の伝説もそれ故に生まれたと言えるかもしれません。
そろそろ清明節、新しい碧螺春が今年も楽しみです。

|

« 康熙王朝 | トップページ | 岩茶は和菓子にも合うのですね »

コメント

そうですねー。もうそろそろ清明節。
何だか1年が経つのって凄く早く感じる今日この頃。(歳なんですかね・・・)
碧螺春も私この時期しか飲んでなかったような。
龍井より碧螺春の方が個人的には好きです(^^)

投稿: yumi | 2005/03/19 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/3350110

この記事へのトラックバック一覧です: 洞庭碧螺春:

« 康熙王朝 | トップページ | 岩茶は和菓子にも合うのですね »