« 茶館さまざま | トップページ | 缶武夷正岩茶 »

2005/02/17

宋慶齢故居

040

小説や映画『宋家の三姉妹』で宋慶齢のことを知った方々も多いと思いますが、その激動の時代に上海は歴史的な舞台でした。歴史を動かした人々の故居が多く残っています。
宋慶麗(1890~1981)は、当時中国を左右したと言われる四大家族のひとつ宋家の次女として上海に生まれました。1914年孫文(孫中山)と結婚、孫文死後は国民党左派に属し活動を続けました。
上海にも彼女の故居があります。それはドイツ人の別邸として20年代に建てられ、さまざまな人の手を経て、1945年には蒋介石の子蒋緯国邸となり、1948年蒋介石により宋美齢に贈られました。抗日戦争後、宋慶齢は孫中山故居である香山路の邸宅を国父記念館設立のために譲ずり、一時桃江路45号に住んだのち故居に転居し北京に移る1963年までここに住みました。
二階寝室の家具は彼女の父母が嫁入り道具として贈ったもの、壁には孫中山との結婚写真が掛けられ、マントルピースの上には孫文(孫中山)が使っていた時計が置かれています。そしてその時計の針は宋慶齢が世を去った20時18分をさしています。

|

« 茶館さまざま | トップページ | 缶武夷正岩茶 »

コメント

>・・・時計の針は宋慶齢が世を去った20時18分をさしています。
随分前に観た『宋家の三姉妹』の宋慶齢の姿が蘇ってきました。
心に残る作品のひとつでした。

はじめまして
まざあ・ぐうすさんのブログより遊びに来ました。
「上海」若い頃からずっとあこがれの土地です。
素敵な記事をありがとうございました。

投稿: myu | 2005/02/18 19:08

はじめまして。
TBたどってこちらにたどり着きました。

中国、映画など私の興味のある話もたくさんありますし、雰囲気のいい写真があって、私も今まで自分がチャレンジしたことのないこと、たとえばお茶とかにチャレンジしてみたくなりました。

今週の土曜日も現代中国映画上演会に私も行こうかなーと思ってます。

またこのブログにお邪魔します~。

投稿: machiko | 2005/02/17 23:53

こんばんは。おじゃまします。
萌えよ!龍☆【チャイムビ日記】の如月です。

実は、私、大学の卒業論文のテーマが宋慶麗でした!
なので、一度訪れたい場所のひとつです。
と、いいつつ、上海にも行ったことがないのですが。。。
『宋家の三姉妹』久しぶりに見たくなりました。

投稿: 如月 | 2005/02/17 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/2963538

この記事へのトラックバック一覧です: 宋慶齢故居:

» 宋家の三姉妹 [萌えよ!龍☆【チャイムビ日記】]
宋家の三姉妹 「中国に伝説となった三人の姉妹がいた。 ひとりは金を愛し、ひとりは [続きを読む]

受信: 2005/02/17 22:44

» 中国のドラマ "宋氏三姉妹 宋慶齢の生涯 上篇" [Cyclic Photo]
「宋家の三姉妹」を見たいのだけれど、レンタルのラインナップにないので、中国中央 [続きを読む]

受信: 2005/02/17 23:48

» 「宋家の三姉妹」見てきました [想空]
昔から歴史は大好きでしたが中国史はなかなか覚えられなくて、特に近代中国史は苦手でした。 「宋家の三姉妹」はまさに私の一番苦手な時代が背景になっていて、女優好き... [続きを読む]

受信: 2005/02/18 20:37

» 孫中山故居(スン・ジョンシャン・グー・ジュ)  [Maolek China]
日本では『孫文』と言った方がすぐに分かる人が多いのではないしょうか・・・。中国革命の父と言われる孫中山が1918年~1924年まで、婦人『宋慶齢』と共に暮らした住所&事務所が人民広場の南方に残され...... [続きを読む]

受信: 2005/05/13 11:53

« 茶館さまざま | トップページ | 缶武夷正岩茶 »