« 狭山茶発泡酒 | トップページ | 胡麻巻き »

2005/01/26

ばたばた茶

020

この前初めてばたばた茶と出会いました。
そのお茶は初心者が困らないよう、道具と説明書と一緒に箱に入っていました。
説明書を読んで、まず驚きます。すごいことが書いているからです。
このお茶が伝わってきたとされるのは、遣隋使や遣唐使をおくっていた時代よりも遡って縄文時代というじゃありませんか。漢時代に飲まれていたものが日本に伝来したとのことです。歴史のロマンを感じさせられるお茶です。誰が伝えてくれたのでしょうか?
作り方としては、茶葉を20分くらい煎じた後茶葉をとりのぞき、残ったお茶を茶筅で泡立てる。お塩を入れると泡立ちがよくなるとのことでした。
個人の意見としては、お塩は入れないほうがよいと思います。お塩を入れると出汁を飲んでいるような気分になります(さらに調味料と卵を加えて煮込むといい茶玉子ができると思います)。
貴重な体験をすることができました。

|

« 狭山茶発泡酒 | トップページ | 胡麻巻き »

コメント

 しのわずりさん、こんばんわ。
 ばたばた茶、歴史のあるお茶なのですね。その割には情報が今までありませんでした。
 私も一度飲んでみたいなと感じました。これからも美味しいお茶の情報楽しみにしています。

投稿: まざあ・ぐうす | 2005/01/27 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/2696142

この記事へのトラックバック一覧です: ばたばた茶:

« 狭山茶発泡酒 | トップページ | 胡麻巻き »