« よろしくお願いします。 | トップページ | マンゴープリン »

2005/01/09

顧渚紫筍茶

002

陸羽という名前をどれだけの人が知っているでしょうか?
陸羽は唐代の人、史上初めてお茶に関する指南書『茶経』を書き、お茶に文化的道筋をつけた人です。
中国茶を勉強する人にとっては避けては通れない名前なんです。
茶人という職業があるのならば、第一号と言えるかもしれません。
そんな偉人と縁の深いお茶が上写真の顧渚紫筍です。陸羽がその著書でべたぼめしたせいか、唐の時代に皇帝に献上される貢茶となりました。新春はこんな歴史の重みを感じさせるお茶をしみじみ飲むのもよいかもしれません。

|

« よろしくお願いします。 | トップページ | マンゴープリン »

コメント

宝迫典子さまよりアドレスを頂き、訪問させていただきました。
家の嫁さんより紹介されて今回初めて知る世界でした。
実は介護の関係で中国の大学での名誉教授もされている東大の名誉教授宅で中国から送られてきた高級と思われるお茶を「僕は飲み方も知らないからと頂く事があるのですが、これからはこのホームページと極楽寺へ訪問して、しっかりとおぼえて、中国茶を伝えたいと思いました。

投稿: 山崎裕弘 | 2005/07/24 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/2520524

この記事へのトラックバック一覧です: 顧渚紫筍茶:

« よろしくお願いします。 | トップページ | マンゴープリン »