2018/09/15

『サハリン島』とお茶

8481848284838484

チェーホフは1890年、30才の時に旅立ち、モスクワからサハリンまで旅の記録を発表し続けました。
当時、日本人、アイヌ民族、ロシア人が混住していたサハリンの様子を描いた『サハリン島』にはお茶のある描写がいくつも見られます。
「亭主と客がお茶の卓に坐る。この家の嫁と見える若い女房が、お茶を盆にのせて出し恭しくお辞儀をする。二人は茶碗を取って黙って飲む。~長い長い時が過ぎる。が若い女房は相変わらずお辞儀をして、亭主と客は相変わらずお茶を飲んでいる。」
この文章など、これは日本女性の描写なんじゃないかなと想像を膨らませながら当時の暮らしに思いを馳せてしまいます。
サハリン州郷土博物館は樺太庁博物館の建物がそのまま使用され、アイヌ民族、ロシア人、日本人が残した生活の様子が展示されています。
そこにはそれぞれ民族のお茶のある生活がありました。

画像説明: 郷土博物館、日本展示、ティーカップとチェス駒

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/12

チェーホフと『サハリン島』

8461846284638464

ロシアの極東サハリン州の偉人と言えば、1890年代に医師として当時流刑地だったサハリンを訪れて『サハリン島』を著したチェーホフ。厳しい環境下生きる人々の状況が克明に描かれていますが、お茶のある描写にちょっと憧れを感じてしまいます。サモワールでいれる磚茶とロシア菓子、いいですね~( ̄p ̄*)
「村に着けば直ぐ飯にありつけるし、磚茶も飲める。(中略)お茶には小麦粉のブリンや、凝乳と卵の入った揚饅頭や、小さな焼菓子や、角形パンの揚物などが出た。」

画像説明: チェーホフ胸像のある広場、木工労働者寄宿舎、部屋の様子

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/08

ケニアの食事

837183728373

ケリチョーのホテル英国マナーハウス風ティーホテルのモーニングはシリアル、フルーツジュース、卵料理、トーストにジャムといたって普通なのですが、たっぷり濃厚ミルクが注げる紅茶が最高です。
夕食はアフリカの主食UGALI(ウガリ)と共にいただきます。ウガリとは、とうもろこしや キャッサバ等の穀物を練って作る主食です。スーパーマーケットでは粉状で大袋に入っているのを見かけました。
普通にスプーンやフォークで食べていたのですが、ある晩、ガイドさんが現地の伝統的な食べ方を実演してくれました。
指でとっておかずと一緒に食べるのです。
手でこねて食べるのって、ちょっと楽しいです^^

画像説明: ウガリ、ウガリの食べ方実演

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/05

ケリチョーティーホテル

8361836283638364

世界一の紅茶輸出国ケニアの北西部高原地帯にあるケリチョーは茶栽培を主産業とする地域です。
ここを訪れる人におススメのホテルを挙げるとすれば、茶葉のシンボルマークも可愛いティーホテル🍃です^^
ホテルの建物はマナーハウス風。敷地内に建つコテージは花に囲まれて窓が大きくて光あふれるメルヘンチックな造りでした。高原地帯だけに朝晩寒くなる季節もあるようで、広間には暖炉がありました。そこに持って来てもらったミルクティーが美味しかったです。ホテルの石壁にたてかけてあったボードの→でTea Board of Kenya(ケニア紅茶局)が近所にあることを見て、前もって知っていれば見学を頼んだのにと後悔しきり。ケリチョーに行く際はこのミニ情報を思い出してくださいましw

画像説明: ティーホテル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/01

六安瓜片

83518352

安徽省六安市では昔からお茶作りが行われており、清代順治12年(1655年)に書かれた『霍山県誌』には、龍門沖、黄石沖、独山、斉頭沖、水晶庵、麻埠などが茶の産地であると記録されています。六安市のお茶として有名な六安瓜片や六安茶は同じ流れを組むお茶です。唐代に盧州六安茶、明代に六安瓜片の名前が生まれたようです。六安瓜片は、摘採時期によって3つの等級に分けられていました。穀雨(4月20日前後)前に摘んだものが提片、穀雨後に摘んだものが瓜片、入梅(6月11日前後)に摘んだものが梅片です。清代袁枚(1716~1797年)の『随園食単』には梅片のことが書かれています。

画像説明: 外観、茶殻

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/29

ティーファームと森の共生

834183428343_28344

ケニアはリムルのキアムベツティーファーム。
ティーファームは森に隣接していて、食事をいただく前にその森を案内してくただきました。案内してくれるのは、森の番人と番犬チューマ。
このチューマの犬だけに歩くのが早いのですが、こちらのペースを計算して距離を保って待っていてくれたり、大切な木の前で注意を喚起してくれたりします。
アフリカならではの興味深い植物やハーブが生育している森に隣接した茶畑、のんびり通り過ぎていった牛の列、白い雲がぽっかり浮かぶ青い空、とても素敵なティーファームでした^^

画像説明: ティーファーム、ファームの牛たち、森の番人とチューマ、チューマ

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/25

ケニアの100年茶樹を見ながら

8331833283338334

インド、スリランカに次ぐ3番目の産地としてイギリス資本によって紅茶生産がケニアで始まったのは20世紀に入ってからです。
1903年にイギリス人ケインがインドから茶の種子を持ち込み、リムルに最初の茶園を始めました。訪れたキアムベツティーファームも1910年にイギリス人によって開墾されました。園主邸前にはその頃の歴史を物語る茶樹が大きく育っていて、その茶樹を眺めながらこちらで作られた紅茶をいただくことができます。
現在ケニアの輸出量は世界一です。

画像説明: 百年茶樹、自家製紅茶、紅茶と家族写真、アウトドアランチ

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/22

キアムベツティーファーム

8321832283238324

ケニアの紅茶が始まった場所リムル。
リムルには歴史ある茶園が複数あるそうで、キアムベツティーファームもそのひとつです。
1910年に現在の園主の祖父が開墾した茶園で、現在は茶葉を摘んで、製茶は近くの工場に持っていって紅茶に加工しているのだそうです。
イギリスの荘園のような園主の邸宅前には心地よさそうに眠る番犬と、そして、その向こうのにはキアムベツティーファームが開墾された時からあった最初の茶樹。
樹齢は100年以上あるそうで、人の身長の2倍くらいに育っています。

画像説明: キアムベツティーファーム、園主邸、番犬、茶園製レモンティー

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/18

サハリンのサモワールとバランカ

8311831283138314

サハリン州の州都ユジノサハリンスクは成田空港からヤクーツク航空で2時間くらい。
サハリン島を訪れた有名人はチェーホフと宮沢賢治、チェーホフは自らの魂を探してサハリンを旅して『サハリン島』を著し、宮沢賢治は妹の魂を探して旅して後に『銀河鉄道の夜』を著しています。サハリンはノスタルジックツアーの場所なのです。
ロシアの中心から遥か遠くても、ティータイムに欠かせないサモワールはあります。サモワールにかかっているのはバランカ。小麦粉と砂糖で作られたリング状のパンで、ケシの実がまぶしてあります。レストランの壁にかかっているのもありました。

画像説明: サモワールとバランカ、茶器、ロシア正教会がある風景

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/15

ポルトガルアフタヌーンティー

8301830283038304

リスボンロシオ駅に近い五つ星ホテルアベニーダパレスは創業1892年のクラシカルなホテルです。
こちらでポルトガルのアフタヌーンティーを体験しました。
ピアノの生演奏とともに三段トレイで供されたフーズとティー。
ポルトガルの飲み物メニュー、ご紹介します。

~Hotel Avenida Palace's Teas~
Prince Vladimir(紅茶、シトラスフルーツ、バニラ、スパイス)
Anastasia(紅茶、ベルガモット、レモン、オレンジ花)
Kashmir Tchai(紅茶、スパイス)
St Petersburg(紅茶、ベルガモット、ベリー、カラメル)
Organic Darjeeling No37(オーガニックダージリン)
Russian Morning No24(セイロン、インド、中国紅茶ブレンド)
Detox(マテ、緑茶、レモングラス)
BB Detox(緑茶、マテ、グレープフルーツ)
Imperial Label(緑茶、オレンジ、シナモン)
Spermint green tea(中国緑茶、スーパーミント)
Jasmine green tea(中国緑茶、ジャスミン花)
Be Cool(カフェインフリーブレンド リコライス、ペパーミント)
Peppermint(ペパーミント)
Tilia(リンデンフラワー)
Camomile(カモミール)
Camomile, honey & vanilla(カモミール、蜂蜜&バニラ)
Lemon twist(レモンピール)
Raspberry & echinacea(ラズベリー、エキナシア)
Blackcurrant, ginseng & vanilla(クロスグリ、チョウセンニンジン、バニラ)
Vrbena(バーベナ)
Melissa(レモンバーム)
Strawberry and raspberry(イチゴ、ラズベリー)
Apple cinnamon(アップルシナモン)
Lemon & ginger(レモン、ジンジャー)
Peach & passionfruit(ピーチ、パッションフルーツ)
Rooibos(ルイボスティー)

画像説明: ホテルアベニーダパレス外観、ティールーム、3段トレイ

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/07

平成最後の夏に捧ぐ🌻

Kata_

8月8日、久しぶりに翻訳した台湾絵本が出版されます。
『カタカタカタ おばあちゃんのたからもの』(林小杯 作 ・ 宝迫典子 訳)
1ヶ月後の9月7日、ブックハウスカフェにて行われる刊行記念イベントではトークゲストとして林小杯さんが来日されて、「台湾の人気絵本作家リンさんをお招きして、台湾茶味わいながら語り合う夕べ」が開催されますが、私はそこでおススメの台湾茶と台湾菓子をご提供させていただく予定です。
平成という時代に大好きだった台湾の絵本と茶という二つの世界、その最後の夏に皆さんにまたご紹介できるのは、とても嬉しいです。
ご興味のある方はぜひ(^-^)/

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/01

福寿園宇治茶工房

782178227823

福寿園宇治茶工房は京都宇治市を流れる宇治川周辺に位置する福寿園宇治茶工房では、お茶作りから茶器まで体験できる工房です。
訪れた日は1時間ほどしか時間がなかったため、食後のデザートとほうじ茶を堪能させていただきました。
季節限定に弱い私はマロンケーキや季節のフルーツ、抹茶アイスが盛られた和パフェと自家製ほうじ茶プリン。茶友は自家製の五色豆とほうじ茶寒天、抹茶アイスクリームに抹茶蜜をかけて楽しめる抹茶あんみつでした^^

画像説明: 福寿園宇治茶工房、季節のデザートセット、抹茶あんみつ

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/28

宇治川ランチ

7811781278137814

日本最大の湖琵琶湖から唯一流れ出ている川である淀川。その名前は上流部では瀬田川、中流部では宇治川と言い、豊臣秀吉が茶の湯に使う水をくませたから毎年茶まつりが行われます。日本三古橋のひとつである宇治橋あたりの眺めが良いとされ、その周辺はお茶処、お食事処が立ち並び、有名店は休日でなくても30分待ちは覚悟したほうが良いかもしれません。
訪れたこの日はほとりが見える3階の部屋でにしん茶そばと抹茶稲荷ずしセットとほうじ茶をいただきました。

画像説明: 宇治川、にしん茶そばと抹茶稲荷ずしセット、中村藤吉平等院店、茶箱

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/25

川越茶巡り

7791779277937794

元禄時代、川越藩主だった柳沢吉保が荻生徂徠の提案で開拓させた農地は、幅6間(約10.9m)の道の両側に農家が並び、その1軒の農家ごとに畑、雑木林が面積均等になるように並んでいるという地割がされ、この方法は北宋の王安石の新田開発法を参考にしたといわれています。そのようになっている地域は総称して三富新田と呼ばれ、この整然とした地割と景観は現代まで良く残され、埼玉県指定文化財に指定されています。川越ではそれ以前よりそのような地割であったといい、訪れた小野文製茶所有茶畑からも畑、雑木林、住宅の地割をみることができました。

画像説明: 小野文製茶、川越茶畑

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/21

河越氏の中世茶生活

7781778277837784

平安時代に入間川左岸に居を構え一帯を治めた河越氏は、河越重頼の時代に源頼朝の家臣となり、娘を源義経の正妻として嫁がせた武蔵武士の名家でした。室町時代まで栄えた川越氏は平一揆の乱をきに衰退し、河越館は山内上杉氏の拠点となった後、歴史から姿を消しました。
昭和40年代発掘調査が始まり、遺物として青白磁などの陶磁器や茶道具(天目茶碗、茶壺、茶入れ、風炉)など当時大変高価だった輸入品が出土して武蔵武士の茶生活を垣間見ることができます。

画像説明: 河越館跡、天目茶碗、中国産茶入、茶臼

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/18

狭山茶カフェ和芳庵

7771777277737774

小江戸川越蔵造り商店街札の辻角にあるお茶屋さん長峰園二階、川越の呉服かんだで製作された川越唐桟の上履き入れに自分の靴を入れて木の階段をあがると狭山茶カフェ和芳庵はあります。
棚の上に置かれた『藤井屋呉服店』の看板はここがかつて呉服店だったから。そんな和室でいただけるお茶もお菓子も自家製です。
この日友人とシェアしたセットは、狭山抹茶きぬさと、えんむすび(やぶきた煎茶と💙の狭山抹茶マカローヌ)でした。

画像説明: 狭山茶専門店長峰園、狭山茶カフェ和芳庵、きぬさ、えんむすび

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/07/14

河越抹茶そば

7761776277637764

中世は南北朝時代、武蔵河越(現在の埼玉県川越)は当時の文献『異制庭訓往来』に栂尾、伊賀八鳥、大和室尾、伊勢河居とともに名茶産地として名が挙げられる茶所でしたが、戦国時代になると茶を嗜んだ階層が衰退するとともに伝説となってしまいました。
しかし、近年河越茶は古くて新しい川越の特産品としてよみがえっていたのです。現在川越蔵造りの町を歩くとさまざまな茶製品に出会えます。ランチにいただいた河越抹茶そばは、爽やかな風味と明るい緑が特徴です。

画像説明: 時の鐘、茶そば寿庵、二色せいろ

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/11

かん袋

77317732

大阪は堺市和菓子の老舗かん袋。
不思議な店名ですが元の商号は和泉屋といいます。かん袋と呼ばれる由来は、遡ること安土桃山時代、豊臣秀吉による大阪城築城のおり、和泉屋店主が餅作りで培った腕力で城の瓦を紙袋でも扱うかのようにひらひらと上へ飛ばしたところを、秀吉が「(運ばれる瓦が)かん袋が散るように見える」と感心して、かん袋をそのまま商号にするように命じたことからだそうです。
行列ができるくるみ餅は、胡桃が入っているお餅ではなく、お餅をくるんで食べることからくるみ餅と言います。店内で頂く氷くるみ餅はかき氷をかけて食べる夏の人気菓子です。

画像説明: かん袋、くるみ餅

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/07

梨木神社

7721772277237724

京都梨木神社は京都を代表する萩の名所です。
9月の中旬から下旬に催される萩まつりの名残が残る頃、梨木神社を訪れたので、境内の萩には献詠された短冊が下げられ、幻想的な風景を醸し出していました。短冊を読むのも楽しかったのですが、建立されている茶人で雨月物語の作者である上田秋成やノーベル賞受賞者湯川秀樹の歌碑を探すのも楽しみのひとつです。
またこちらは京の三名水の一つに数えられる染井の井戸もあり、昼間は水を汲みに来る人で賑わうそうです。

画像説明: 梨木神社、萩と短冊、上田秋成の碑、染井の井戸

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/04

狭山茶発祥地

7711771277137714

狭山茶の初めて物語は複数ありますが、川越市にある天台宗別格本山中院に置かれた「狭山茶発祥之地」碑によると、源流は最澄が唐代天台山国清寺から持ち帰ったものが栽培され、後に圓仁が830年に比叡山から持ってきた茶の実が起源であるとのこと。
河越のお茶はその後、山城、大和、伊勢、駿河とともに茶の名園5場の一つに数えられるようになりました。
またこちら中院には文豪島崎藤村が義母に贈った茶室不染亭も移築されてあります。

画像説明: 不染亭、狭山茶発祥地の碑

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«京都ポルトガルデザート